シュガリミット、一般市民ランナー向けダイエットサプリに最適!?

対象

サブスリーを目指すようなランナーではなく、サブフォーや4時間半くらいを目指すレベルだと、体重を気にしているランナーも多いのではないでしょうか?

なのに暑い夏に練習が滞ってついつい暴飲暴食をして体重が増えた!とか、レース前には少しでも記録を伸ばしたいとエネルギー切れを防ぐため、カーボローディング(糖質をカラダに蓄える方法)を取り込んで、反対にカラダが重くなったり、と問題を抱えていませんか?

一般的に体重を1キロ落とすと、マラソンの記録が3分縮まるといわれている中、少しでも記録をよくしたいで、ダイエットは切実ですよね?

そんなランナーにとって、シュガリミットが救世主!?かどうかを見ていきましょう。

 

そもそも糖質とは?


そもそも糖質って何でしょう?

そう、糖質はヒトが活動するためのエネルギー源といわれ、必要な栄養素なんですね。
消化・吸収されて血液と一緒にカラダ中をめぐります。

同じエネルギー源の脂質やたんぱく質に比べるとすぐに使える特徴がありますが、使う量以上に摂取すると、脂肪となって蓄積されるのます。つまり、太ってしまうということですね。

基礎代謝を高めたり、普段から運動をして消費していると貯まることは少ないのですが、なかなかそうはいかないものですよね 笑

ちなみに、食品パッケージの栄養成分のどこをみればいいかわかりますか?
「糖質」とダイレクトに書かれていない場合は、「炭水化物」に着目してください。「炭水化物」を「糖質」と「食物繊維」にわかれますが、おおざっぱですが数字はつかめます。

 

糖質ってどれくらいとったらいいの?

では普段の生活でどれくらいの糖質をとればいいのでしょうか?

一般的に、一日の摂取エネルギーが2,000kcalの場合、250~325g程度が望ましいそうです。

パンやご飯、パスタなどは糖質が高い食品ですが、ごはん(お茶碗1杯、150g)はなんと55g程度もあります。お代わりしてしまうと100gを超えてしまいます。

意外に糖質って摂ってるんですよね。

シュガリミットで糖質制限ではなく糖質活用を!

こう考えると、口にする食品のカロリーを気にしながら・・・となり、「糖質制限」ダイエットはかなりストレスがかかります。

私も経験ありますが、糖質制限を行うと確実に痩せました。
でも、残念ながら、毎回の食事が気になって、食べるという楽しみが減って、ストレスになってしまいました。

また、マラソン大会前にレース中のエネルギー切れを心配して、カーボローディングをした結果、体重が増えてします。ほんと、ストレスばかりかかりました・・・

春以降も、梅雨や暑さのため、どうしても練習量が減り、少しづつですが体重も増えて・・と、悩んでいた時に見つけたのが、糖質制限とは真逆の「糖質活用」ダイエットサプリの【シュガリミット】です。

その仕組みについてはここで詳しく説明するより、公式サイトをじっくり読んでみてください。

>>>公式サイトで「糖質活用」の仕組みをチェック!<<<

 

マラソンランナーに期待できる効果とは?

マラソンランナーに限定した、期待効果は以下でしょう。
・練習量が減る時期でも、糖質を消費するチカラがアップして、体重が増えにくくなる。
・ため込んだ糖質をよりエネルギーに変えるチカラがつくので、ランニング時により活用しやすくなる。

人によっては効果や効果が出るまでの時間に違いがありますが、ぜひ早めに試してみることをお勧めします!

 

まとめ

いかがでしたか?

私自身、「糖質制限」は確かに痩せましたが、エネルギー源が少なくなることから、日々の活力が弱まったように感じました。また、食事の度にストレスを感じていました。

真逆の「糖質活用」であれば、今の食事内容はそれほど見直すこともないのでストレスを感じないし、基礎代謝を上げられそうなので、「糖質制限」より時間はかかりそうですが、痩せられそうな期待感が高いです。

さっそく試してみます!あなたも一緒にどうですか??

>>>公式サイトでいますぐシュガリミットをチェック!<<<